【ヤバい?】KWスクールの評判と料金を暴露。会社は大丈夫?全て告白。

kwスクール

こんにちは。

この前に、KWスクールというスクールに入会したので、その報告と実際に入ってみて、どんな感じだったのかを報告したいと思います!

途中報告ですね!していきたいと思います!

KWスクールの気になる料金,受講料はどうなっているのか?

まず、「このKWスクールの料金や受講料はいくらなのか?」についてです。

こちらですが、非公開、非公表なので、教えられません!笑

 

大々的に募集はしていないようで、募集タイミングも不定期とのことで、

金額は公開していないとのことでした。

 

スクールでも料金は公開してない所はありますし、

そこまで拡大路線でやっているわけではないのかもしれませんね。

 

私も料金が気になって問い合わせた所、「説明会で金額面やサポート面などお伝えさせて頂いていますので、興味がある場合は、説明会にご参加ください」と返信されました。

 

それで、説明会に出席して、申し込みをして、今に至ります。

なので、興味がある人は出席してみることをオススメします。

 

KWスクールの会社は怪しい?詐欺なのか?

「KWスクールってどこの会社なの?」と疑問に思っている人もいるかと思います。

 

調べてみると、「株式会社サクウェブ」という会社のようです。

 

私は何の会社か知らなかったのですが、

新宿の新宿パークタワーの30階にオフィスがあるようですね。

 

「実際、どうなんだろう?」と思う方は直接、問い合わせてみて、

そこでの対応から判断するのが一番ですね。

 

あとは、私は申し込み前に、何回かメールでやり取りをさせて頂きましたが、

かなり丁寧に対応して頂きましたし、何回か質問もしましたが、

全てしっかりと回答してくださいました。

 

だから、入会を決めたというのもあるのですが、

私はちゃんと対応してくださる会社さんだなと思いました。

 

大企業とか名前を聞いたことがある会社でも、

メールや電話をすると雑だったりということがあるので、

サービス対応と知名度はあまり関係ないのかもしれません。

 

怪しい?詐欺なのか?と不安になられている方は、直接聞いてみるのが一番早いと思いますよ。

 

聞いてみれば、不安も払拭されると思いますので。

 

kwスクールはwebライターになるためのスクール

 

kwスクールはwebライターになることを目指したスクールです。

 

ウェブライターとは何かというと、

web上の記事やブログコンテンツを執筆する仕事になります。

 

もっと一言で言うと、

ネットの文章を書く仕事です。

 

それらの仕事をする人を教育するためのスクールということですね。

 

そこで、「なんでwebライターになるために、わざわざスクールに通うの?」と思いますよね。

 

webライターというのは、常にネット上で需要があり続けるお仕事で、

実際に月30万円〜60万円など安定して利益を出されている方がいらっしゃいます。

 

実はそのくらいの利益を出したりとか、実は陰で収入を得ている人がいる職業なんですね。

 

だから、「webライティングについて学びたい」、「webライティングを教わって、ライターとして収入を増やしたい」という人がスクールに入会されるというわけです。

 

ちなみに、私の場合もそれで、副業を始めていたいと思っていたけど、何から始めればいいのかわからないし、エンジニアとかプログラミングは難しそうだなと思っていて、何かいい副業ないかなーと思って、探していたんですね。

 

そうしたら、webライターというものを知って、調べていくうちに、それな私にもできるかもしれないと思ったんです。人と会う必要もないし、自宅でずっと仕事ができます。

 

あとは、もともと文章が好きだったこともあるので、「webライターで稼げるなら・・」と思って、入ったのがきっかけです。

 

このような人も多いのではないでしょうか。

 

ですから、「そもそも、なんでwebライタースクールに入るの?」と言いますと、実際にwebライターとして稼いでいきたいという思いがある方がいらっしゃるからですね。

 

kwスクールは稼げない?稼げる?どっち?

 

さて、多くの人が気になっていることとして、

「KWスクールに入ったら、稼げるようになるのか?」という部分ですね。

 

金額面の部分はぶっちゃけ、どうなのか?

 

ここを解説していきたいと思います。

 

一応、最初にお伝えをしておきますが、これはあくまで私の具体例だと思ってください。

私個人の体験談であり、全員に当てはまるかどうかは不明です。

それを踏まえた上で、聞いて頂ければ幸いです。

 

まず、結論から言うと、私の場合は、月に30万ほど稼げるようになりました。

合計ではなく、月平均です。

 

この金額が人によって多いと判断するか、少ないと判断するかは人によると思いますが、一応、私は「稼げた」と定義をさせて頂きます。

 

一応、入会して5ヶ月が経ったので、だいぶ時間はかかったかなと思っています。

私はもともと、月50万くらいの収入を安定して出して、それでwebライターとして完全に独立して活動したいと前々から思っていたので、あと、月20万くらいは欲しいですね。

 

案件としては、継続して取引している会社が3社、

後は、新規の案件に何件か応募しているような形です。

 

最初の数ヶ月はクライアント選びに迷走して、苦労したのですが、

今は3社ほどに落ち着いてます。

 

やはり、継続取引があると、収入は安定しますね。

ただ、もともと単価の交渉とかガツガツできる方ではないので、のんびりとやっているのですが、それが却ってクライアントに好印象だったのかもしれません。

 

ただ、1週間のうち、最低でも6日は記事は書いていますね。

1日はのんびり休みの日は設けていますが、何日も休みを入れると、やはり勘が鈍るので、休みは1日にしています。

 

今後は、セールスライティングのスキルを身につけて、

コピーライティング関連の仕事ももらえるようになりたいなと思っています。

 

ただ、まだまだwebライターの技術を極めた方がいいのかなとは思いますし、

先生からもそう言われているので、セールスライティングはまだまだ先かもしれません。

 

早く勉強したくてうずうずしていますが、ここで、中途半端にスキルが身についた状態で、進んでしまっても、あまり意味ですしね・・・

ここまでが私の体験談です。

 

KWスクールに入ってよかった点について

さて、ここからは、実際に私がKWスクールに入会してみて良かったと感じたこととか、ざっくばらんにまとめていきたいと思います。

KWスクールに入って良かった点①講師から直接フィードバックをもらえる

ここが一番、役立ちました。

既に、webライターとして成功されている先生から、アドバイスをもらえたことで、だいぶ視座が上がりました。

 

「自分のダメな部分はどこか?」

「そのダメな部分を直すためには何をすれば良いか?」

「どんな学習をすれば良いのか?」

 

などアドバイスをもらえるので、あれこれ悩むことがなくなりました。

 

記事執筆に集中していれば、技術が上達して、報酬が増えていったイメージです。

 

独学でもしやるとなると、あれこれ色々なことを考えないといけないですし、

「今の自分のやり方で大丈夫なのかな?」とか不安になることも多々ありました。

 

それが減ったという意味で、

「無駄なことに悩むマインドシェアが0になった」

ので、とても快適にライティングの勉強をできたように思います。

 

KWスクールに入って良かった点②記事の添削を無制限に受けられる

 

①と似ているのですが、記事添削を受けられることで、「何をすればいいのかが具体的になった」というのが良かったです。

 

・この表現はおかしいから直すべき

・この文章が長すぎる。ーと修正してください

・ーだから、記事の構成は〜としないといけない

 

などなど大量のフィードバックを得られるだけではなく、

「具体的にどのような文章に修正すれば良いのか?」

を理解することができました。

 

これは私の予想ですが、独学でもしライティングをしようとなったら、

 

「今、記事を書いてるけど、この文章の書き方で合ってるんだろうか?」

「こんな風に書いたけど、本当にこの表現が適切なのかな?」

と悩むことが多いと思います。

 

クライアントの要望を満たす文章を書くのがライターの仕事ですが、

それは何も、色々なパターンが考えられます。

 

もちろん、SEOのルールに沿って書いていく必要があるので、そこは外せませんが、

 

「どのように言葉を使うか?」

「どのような表現を使うべきか?」

はその人次第となります。

 

だからこそ、ライティングをしていると、迷ったり、悩んだりする部分が出てくるのです。

 

そこには答えがなく、結局、誰かアドバイスをしてくれる人が、1人でもいれば解決するんですが、普通は自分の記事をみて、アドバイスしてくれる人なんていません。

 

私ももともと、「この記事ってこういう感じで良いのかな?」と悩むことがあるんですけど、その都度、講師の方からアドバイスを頂いて、いちいち悩まずに進むことができています。

 

悩む時間が減ったというのもありますね。

 

あとは、自分の文章能力、日本語力の低さを痛感することになりました。

 

主語、述語などを一から学び直すことになりましたし、

文頭表現、文末表現、接続詞などダメなところばかりでしたね。

 

「ここがわかりにくいです」

「この表現はやめて、このように書きましょう」

 

と言われると、「確かにそうだな」と思う反面、「誰にでも伝わる文章って簡単なようで難しいな・・」と、強く実感しました。

 

今ではもう添削箇所は減ったので、成長の証と捉えていますが、最初は直すところが多かったので、添削→修正の繰り返しでしたね。

 

ただ、それで実力が上がったのかなと今ではポジティブに考えています。

 

それと、添削回数に制限がなかったのが良かったですね。

 

普通、添削をサービスとして受けようとすると、「1回の添削でいくら」という料金体型になるので、費用対効果は高いと思います。

 

1回払ってしまえば、その後はサポートを受けられるので、

添削代金として講座代金を払うのもありだとは思います。

KWスクールに入って良かった点③案件依頼、セミナー開催など成長できる環境

KWスクールに入ってから、月に1回のライティングセミナーがZOOMであるのですが、

それが私は非常に役立ちました。

 

実際にライターとして活動されている方のテクニックを詳しく聞けるので、

かなり貴重な機会でしたし、具体的な話を聞けるのが良かったです。

 

セミナーでは質問なども自由にできたので、質問もさせて頂きました。

 

あとは、特定の条件を満たした受講生に、記事執筆の依頼などもあるのですが、

実際にその案件を請け負うことができました。

 

練習として仕事をくれるのはありがたいですし、

実際に案件を受けれたので、かなり練習になりました。

 

金額的にも結構な金額を受注できたので、私は感謝しています。

 

そこから繋がったご縁もありましたので。

 

と単純に講師との間で接点が持てるだけではなく、

セミナーや仕事依頼など成長できるような環境だなと私は感じました。

 

こういう企画が合った方がモチベーション的にも嬉しいですし、

私としては非常にありがたいです。

 

入って良かった点ですが、あとは細かい部分になるので、ひとまず、こちらで締めくくります。何となくでも伝わっていれば幸いです。

 

KWスクールに向いていない人

 

ここまで、「KWスクールに全員が入るべき!」とは私は思っていません。

向いていないであろう人もいるとは思うので、そこの部分を話していきたいと思います。

 

KWスクールに向いてない人①ライティングが好きではない人

 

ライターは文章を書くことで、お金をもらう仕事になります。

文章を書くということをやめたら、収入は0円です。

 

だからこそ、「文章を書くのが好きではない」「ライティングすることが嫌い」という人は、ライターは向いていないかな?と感じます。

 

「ライティングが苦手とか」、「文章が上手じゃなくて・・・」と苦手位意識があったとしても、「文章を書くことが嫌いではない」という状態でなければ大丈夫だと思います。

 

文章が仮に下手だったとしても、記事の書き方がわかれば、何とかなりますので。

 

ただ、「文章を書くことが苦痛」という状態だと、

ちょっと厳しいかなと思います。

 

理想は文章を書くことが好きな人かなとは思いますが、「文章を書きたくない」というレベルだと、ちょっと頑張って稼げたとしても、今後が厳しいと思います。

 

長期的に稼ぐのが難しいかなーと思いますね。

 

もちろん、やる気さえあれば、乗り越えることはできると思います。

 

「文章書くのは別に好きじゃないんだよなあ・・・」と最初は思っていたけど、

お金を稼ぐ必要が出てきて、3ヶ月間ひたすら記事を書いて、月40万円を達成したOLの方など話を聞いています。

 

なので、やる気さえあれば、どうにかなる問題なので、とやかく私が上から目線で言うのもちょっと違うかなとは思い、上の例を出させていただきました。

 

KWスクールに向いてない人②文章へのこだわりが強すぎる人

 

「文章への謎のこだわりが強い人」もWebライターには向いていないかと思います。

 

これはどういうことかと言いますと、

 

「自分の文章のスタイルを直すつもりはない。むしろ、自分の文章を認めない人たちがおかしい。修正なんてもっての他」

 

と考えている方などが該当します。

 

「そんな人がいるのか??」と思うかもしれませんが、過去に編集者をされていた方だったり、長い間、何かしらで文章業に関わっていた人ほど、自分の色が出てしまうので、今更クライアントに合わせて文章を柔軟に修正するということができなかったりします。

 

WEBライターというのは、「クライアントが満足する記事を執筆すること」がゴールであって、自分の好きなように記事を書く仕事ではないです。

 

クライアントから、「ここの部分はこういう風に直してください」って言われたら直す必要があります。

 

「このようなキーワードで、このようなやり方で記事を書いていってください」と言われることもあります。

 

自分の好きなことを好きなように書いて、好きな風にクライアントに記事を納品することはできません。

 

「とにかく、クライアントの満足度を上げること」が一番大事なので、

そこは念頭において、ライター活動をする必要があります。

 

なので、自分独自の文章のこだわりが強すぎる人は、

ライター自体向いていないですし、KWスクールはマッチしないかなと感じます。

 

KWスクールに向いてない人③ノウハウだけ知りたいという人

KWスクールでは、セミナーだったり、講師との指導が設けられていたりして、

サポートはそれなりに充実しています。

 

サポートを売りにしているスクールだからこそ、

「サポートありきの受講料、料金」になっているわけですね。

 

なので、サポートはいらなくて、ライティングのノウハウだけわかればいい、っていう人は向いていないというよりも、

 

わざわざサポート重視のスクールにお金を払う必要はないかな、

と感じます。

 

そういう場合は、本を読んだりとか、ライティングの教材を買うだけで良いと思います。

 

KWスクールに向いてない人④セールスライティングが目的の人

KWスクールではWebライティングに加えて、

セールスライティングを学習することもできます。

 

ただ、セールスライティングを本格的に学びたいのであれば、

KWスクールよりも、セールスライティングを本格的に指導しているスクールの方が良いかもしれません。

 

理由としては、あくまでKWスクールは、

「Webライティング、SEOライティングの学習がメインで、そこに力を入れている」

というスタンスです。

 

もちろん、セールスライティング自体も質問はできるのですが、

それであれば「最初から最後までセールスライティングを1本で教えています!」

というスクールの方が効率は良いはずです。

 

という感じです。あくまで、私の独断と偏見によるので、全員に当てはまるとは思っていません。あくまで、参考程度に捉えてもらえればと思っています。

 

さて、先ほどは向いていない人、について話をしてきたので、

ここからは、「向いている人はどんな人か?」について話していきます。

 

KWスクールに向いている人

 

さて、どんな人がKWスクールに向いているのか?について話していきます。

今回は、大きく2点まとめました。

 

KWスクールに向いている人①直に講師からのフィードバックが欲しい人

 

KWスクールはサポートを重視しているスクールだからこそ、

講師から直接フィードバックをもらえます。

 

記事の添削だけではなく、何でも質問ができるので、

アドバイスはかなりもらえます。

 

まあ、さすがに、ライティングに関係している質問しかできませんが、

ライティングのことであれば、答えてくれます。

 

技術的な部分もそうですが、細かいテクニックとか、

後は講師の方は何で普段勉強されているのかとか、

そのような部分を聞くことができるわけですね。

 

↑この話を聞いて、「なるほど!とても役立ちそう!私も入りたい!」と感じたのであれば、向いていると思います。

 

ただ、上の話で心が動かないようであれば、少し微妙かなとは思いますね。

 

KWスクールに向いている人②添削をたくさん受けたい人

 

上でフィードバックと書きましたが、そちらと少し被る部分があります。

 

添削を受けたい人はオススメできます。

 

「自分の書いた文章がこれで正しいのだろうか?」

「自分はクライアントが満足している記事を書けているのか?」

と悩むことがなくなりますし、

 

添削→修正→添削→修正

 

を繰り返していくだけで、勝手に記事が上達していくので、余計なことをごちゃごちゃ考えずに済みます。

 

そういう意味では楽ですし、記事の上達スピードはかなり早いでしょう。

 

ライティング力を身につけるとなった時に、多分最初に思いつくのが写経とかで、後は本を読むとかになってくると思うんですけど、

 

添削を受けることが、1番の上達法だと実感しました。

 

たぶん、添削を受けたことがある人なら、わかると思います。

 

これは上の方の文章でも書いたのですが、

通常、添削というのは1回あたりの料金が発生しますが、

KWスクールの場合、添削料金というのはかからず、

無制限で受けられるので、

 

そういう意味では、「安い」と捉えることも可能です。

 

ライティングのスクールや教材の中には、

 

「添削を受けられる回数が決まっている」所だったり、

「条件を満たした人のみが添削を受けられる」などの

条件が決まっていたりする所が多いです。

 

「添削を受ける」というのはサポート体制が整っていないと、

スクールもサービスとして提供をかなりしにくいはずですから。

 

さてここまでは私の意見や体験談などを書いてきましたが、

最後に、KWスクールの口コミや評価を載せて終わりたいと思います。

 

第三者や他の方はスクールについてどう思われているのか?

 

そちらを参考にしてもらえれば幸いです、

 

KWスクールの評判や口コミはどう?

 

まずは、参加者の口コミを掲載していきたいと思います。

【体験談】KWスクールは稼げる?稼げない?評判・口コミを教えます|hiuswoij|note
こんにちは、さえです。 今回は、私がWEBライターになるきっかけとなったKWスクールについてご紹介します。 実際に半年間、KWスクールでWEBライティングについて学んだのですが、 「本当に稼げるのか?」 「しっかりスキルは身につくのか?」 「まさか詐欺ではないよね?」 などなど、気になる方は多いと思いますの...

 

さえさんという方のようですが、以下の口コミを残されています。

 

何よりも、実際に稼いでいるWEBライターの方がマンツーマンで指導してくれて、通話相談などものってくれたのがとても安心できて良かったと思っています。

本当に稼げるのか?スキルは身につくのか?など、不安がありましたが、逐一その不安を払拭しながら学習を進めることができたので、本当に良かったと思っています。

そのおかげで、月15〜20万円は安定して稼げるようになったので・・・。

とのこと。実際に稼がれている方のようです。

 

そして、半年間KWスクールで学んで、今は無事に月15〜20万円は稼げています。

 

子育てをしつつ、家事の合間にお仕事をしてこのくらい稼げているので、自分の中では結構、上出来かなと思います。

 

とのことですね。

 

それでは、次の口コミに移りましょう。

【大丈夫?】KWスクールの評判!7ヶ月受講してみての感想・口コミを暴露します!
こんにちは、やえです。今回はKWスクールというライティングスクールに入ってから7ヶ月が経過したので、そのお話をしたいと思います。もともと私は主婦で、家事や子育ての間にお金が稼げたらな〜と思って始めようと思いました。そんな私がKWスクールに入ってみて感じたことや、学べたこと、実際に稼げるようになったのかまで含めてお話をし...

 

こちらの方は、7ヶ月受講されてどうだったかなどを掲載されています。

 

ちなみに、私の稼ぐ推移について詳細にお話すると、以下のようになります。

 

1ヶ月目・・・スキルについて学んでただけなので、1万円程度

2ヶ月目・・・案件を取りまくって、5万円程度

3ヶ月目・・・高単価な案件で継続依頼をもらえるようになり、10万円程度

4ヶ月目・・・記事を書くスピードが上がり、13万円くらい

5ヶ月目・・・高単価な案件だけに注力して16万円

6ヶ月目・・・14万円

7ヶ月目・・・20万円

 

といった感じです。

 

6ヶ月目は忙しくてバタバタしていたこともあって、5ヶ月目に比べるとちょっと収入が落ちましたが、7ヶ月目は順調にいってます。

 

 

 

次に行きます。

【嘘の口コミ暴露】KWスクールの評判を徹底調査してみました!料金や受講料は?|本音の口コミ.com
子供がまだ小さいから 「在宅ライターとして稼ぎたい」 「プロのWEBライターになりたい」 という方も多いでしょう。 そこで今回は口コミで評判のWEBライティングスクール「KWスクール」の評判や口コミについて

 

こちらの口コミサイトですね。

 

 

【30代 女性 Y.K】

何よりも、子育てをしながら、自宅でその合間に稼げるというのがかなり魅力的だったので、始めたという感じです。

そして、半年間KWスクールで学んで、今は無事に月15〜20万円は稼げています。

子育てをしつつ、家事の合間にお仕事をしてこのくらい稼げているので、自分の中では結構、上出来かなと思います。

 

【40代 女性 A.T】

フリーのWEBライターとして稼ぐために必要な、基本のライティングから、高単価案件を獲得するためには必須のセールスライティングまで学ぶことができました。

特にセールスライティングを身につけると、他のWEBライターと差別化することができるので、高単価案件を受注することにもつながっています。

 

【40代 女性 R.T】

旦那の収入だけでは結構、生活が厳しかったので、本当に助かってます。

家族で外食に行ったり、旅行に行ける余裕も出ていて、スキルを身につけて本当に良かったと思っています。

もともとパソコンが得意だったわけではなく、そもそも文章とは??というところから始まっていますが、そんな私でも今は月に15万円以上稼げているので、頑張って良かったです!

など、比較的、前向きな口コミが見受けられます。

 

料金、口コミ、評判について触れられていたブログがあったので、

そちらを紹介していきます。

 

実際に、スクールに入会された方がブログを書いているわけではないのですが、

口コミ、体験談がしっかりとまとまっていたので、こちらに貼ります。

 

ブログその1

KWスクールの魅力ってなに?口コミ・評判を調べました!!
自宅でできる職業として、WEBライターが人気が集まっています。WEBライティングはただ日記のような文章を書けば…

 

こちらですね。良い口コミ、悪い口コミについてまとめられています。

 

ブログその2

【受講料が高い!?】KWスクールの料金・評判を調査!ライティングスキルは身につくのか? |

こちらも口コミについて詳しくまとめられています。

ブログその3

【辛口評価!】KWスクールの評判はどう?口コミを徹底調査!料金・受講料は?
「KWスクールって、本当に大丈夫なの?」「WEBライティングのスキルを身につけて稼ぎたいけど大丈夫?」「料金や受講料を知りたい!」と思われる方に向けて、KWスクールの口コミや評判を調査しましたので、今回はそのお話です。中には「怪しい」「詐欺

 

こちらはKWスクールが大丈夫なのか?

しっかりとしたスクールなのかについてまとめられていますね。

 

ブログその4

【料金は?】KWスクールの評判と口コミまとめ。受講料や怪しいなどの評判
こんにちは、メディア編集部の宮田です。今回は、「KWスクール」という最近話題のライティングスクールについて見ていきます。「どんなスクールなのか?」「ライティングについてどこまで学べるのか?」「本当にしっかりとしたスクールなのか?」をこちらの

 

口コミや評判についてまとめたブログですね。

 

ブログその5

 

https://takaha.site/writing/

 

結構、ブログ主さんの意見や考えがズバズバと展開されています。

これはこれで面白いブログだと思います。

 

KWスクールの情報まとめ

 

さて、ここまでKWスクールについてまとめてきました。

口コミや評判なども含めて、私の体験談を盛り込んだので、参考になれば嬉しいですね。

 

そして、何回も同じことを繰り返すようで申し訳ないのですが、

あくまで、私、一個人の意見として、このブログを読んでもらえれば嬉しいです。

 

読者さん全員に当てはまらない部分もあると思いますし、

人によっては、参考にならない部分もあるかと思います。

 

なので、「ふーん、こういう人もいるんだー」くらいに読んでもらって、

後は、ご自身で問い合わせるなり、説明会に参加するなりで、

決めていただくのがベストだと思っています。

 

最後はご自身で決めていただくのがベストかと思っています。

 

ただ、少なくとも、私はスクールに入って、収入を増やすことができましたし、

今後のWebライターとしての将来性が広がったので、そういう意味ではかなり感謝しています。

 

入ってよかったなーとは純粋に思っています。

 

ただ、それは私がもともと、ライターとして本気で頑張っていきたいというのがあったからで、やる気がなかったらおそらく稼げなかったし、今のような成果を残すことはできなかったと思います。

 

なので、もし参加をされるのであれば、「これからライターとして頑張る」という気持ちはもった上で参加をする方が絶対に良いです。

 

それだけ最後伝えられればなと思って書きました。

以上です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました